5b 身近な生理チャレンジ

5b-身近な生理チャレンジ

メニューの内容

「こんな生理用品あるよ」「こんなの使うと生理の時期も快適!」など、あなたの知ってる生理に関わるさまざまな情報を発信してください!

このチャレンジへの参加方法

SDGsてってのイラスト
  1. あなたの知っている生理に関わる情報をまとめ、写真を撮る
  2. TwitterやInstagramに次のハッシュタグ2つをつけて、写真やコメントを投稿!
#さぽらんてマイチャレンジ5b #さぽらんてマイチャレンジ

集まった情報は、このチャレンジに留まらず、このチャレンジの考案団体ドットスタイルの生理の貧困への取り組み「ルナ スタイル」(10月スタート予定)のブログ等で発信し、女性の生理の困りごとを解決していきます。

この「生理の貧困」チャレンジの背景にある「女性の貧困」とは何なのか、なんでその人が貧困なのか、女性が貧困に陥りやすいのはなぜなのか、いま女性の自殺が急増いているのはなぜか。このチャレンジをきっかけにみんなに広く知り考えてもらうことで社会が変われば、多くの人が救え、未来の貧困を防ぐこともできるかもしれません。

このメニューを考案した団体の情報

団体紹介・メッセージ

ひとり親家庭の親とその子どもたちの、環境に左右されない明るい未来と、暮らしやすい社会を形成するため、ひとり親が孤立でなく、自立をし、それぞれが自分らしい生き方(Style)を実現できる社会を目指し、LINEやメールでの相談対応や、ひとり親の居場所づくり、生活応援を行っています。

団体の活動に関連深いSDGs

5 ジェンダー平等を実現しよう
1 貧困をなくそう
16 平和と公正をすべての人に

このメニューのみんなのチャレンジ!