17a 『ええやん新聞』で気になった記事を教えて!

17a-『ええやん新聞』で気になった記事を教えて!

メニューの内容

市民が記者となり年2回発行している市民活動情報紙「ええやん新聞」は、今年で創刊12年。
山口市の身近な社会課題やみんなのために活動している人や市民活動団体のみなさんを取り上げてきました。

そのええやん新聞の記事の中から、役に立った記事、思い出の記事、知ってる人が載っていた記事、実際に作ってみたレシピなど、記事のエピソードを添えて投稿してください!これまでのええやん新聞バックナンバーからでもOK♬

ええやん新聞24号(2021年10月1日発行)

このチャレンジへの参加方法

SDGsてってのイラスト
  1. ええやん新聞で気になった記事やそれに関連する写真を撮る
  2. TwitterやInstagramに次のハッシュタグ2つをつけて、コメントと写真を投稿!
#さぽらんてマイチャレンジ17a #さぽらんてマイチャレンジ

【配布先】
山口市内小・中学校、公立幼稚園、私立幼稚園(一部)、保育園(一部)、自治会回覧板(山口市内全地域)他

【設置場所】
さぽらんて(バックナンバー設置あり)、山口市役所、各総合支所、各地域交流センター、各市立図書館、山口情報芸術センター、やまぐち県民活動支援センター、ほっとさろん中市「まちのえき」、地域交流スペース Yucca 、各地域子育て支援拠点施設(子育てひろば)、各児童館、やまぐち子育て総合福祉センター他


この投稿を読んで、これまでええやん新聞を知らなかった人たちにも、山口の良さを伝え、市民活動団体の思いや活動が届けられますように…

★詳細、バックナンバー(PDF)はこちらのページからもご覧いただけます。
★ええやん新聞バックナンバーがさぽらんてに並ぶ「ええやん新聞ずら~り展示会」もぜひご覧ください!

このメニューを考案した団体の情報

ええやん新聞市民記者チーム

団体紹介・メッセージ

ええやん新聞は、市民活動を応援し、市民活動への一歩を踏み出すきっかけづくりの一環としてさぽらんてが発行している市民活動情報紙です。NPOや市民活動に関心のある一般市民が記者となり、誰かのために何かのために活動している人たちを取材・執筆し、編集しています。

団体の活動に関連深いSDGs

17 パートナーシップで目標を達成しよう
4 質の高い教育をみんなに
5 ジェンダー平等を実現しよう

このメニューのみんなのチャレンジ!